上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

NTTドコモは、シャープ製のAndroidスマートフォン「docomo with series AQUOS PHONE si SH-01E」の事前予約の受付を、9月28日より開始すると発 表した。「ドコモマイショップ」会員向けには、Webからの受け付けを同日正午より行う。発売日は10月5日を予定しており、予約受け付け期間は9月 28日~販売開始前日までとなっている。

なお、今回の事前予約は、2012年8月に発表したPinkとWhiteの2色が対象と なっており、先日発表された新色モデル(Black・Blue)は含まれていな い。

「AQUOS PHONE si SH-01E」は、4.1型液晶(540×960ドット)を搭載する 「Xi」対応のスマートフォン。液晶パネルの狭額縁化により、全面がディスプレイのようなフルディスプレイデザインとなっている。

プロセッサーには、Qualcomm製のデュアルコアCPU「MSM8960」 (1.5GHz)を搭載。さらに独自のタッチ操作チューニング「ダイレクトトラッキング技術」により、画面が指に吸い付くような操作感となめらかな動きを実現しているという。機能面では、テザリングやワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水などに対応。カメラ機能は、本体背面に1210 万画素のCMOSメインカメラ、本体正面に32万画素のCMOSサブカメラを備 える。

プラットフォームは「Android 4.0」。ROMは16GB、RAMは1GB。外部メ ディアはmicroSDメモリーカードをサポート(microSDXC対応)。バッテリー容量は1660mAhで、駆動時間はLTE待受時間が約270時間、3G待受時間が約430時間、通話時間が約370分。本体サイズは59(幅)×116(高さ) ×9.9(奥行)mm、重量は約115g。

ニュース
スポンサーサイト

ツインバード工業は、オーブントースターの新モデル「TS-4035」を発表した。

庫内の高さをおさえたロースタイルのオーブントースター。熱回りの速いコンパクトな庫内を採用したことで、焼きあがり時間を短縮している。また、4段階(860/650/430/220W)の出力切替が可能。従来モデル「TS-4034」と比べてより使いやすくなっている。このほか、使用しない時は庫内が見えないミラーガラスを採用している。

本体サイズは350(幅)×180(高さ)×210(奥行)mm、重量は約2.1kg。電源コードの長さは約 1m。ボディカラーはレッドとシルバーの2色。

ニュース

普通のテレビが安価でアンドロイトPCになります。

OS (Android 4.0 ) ■CPU cortex-A8 1.5GHZ(CPU 1.0GHZ+GPU 500MHZ) ■GPU Mail 400 ■メモリ 1GB DDR3 ■ストレージ 4GB (microSD/microSDHCカード) ■マーケット 対応 ■出力画面解像度 1280×720 ■通信機能 IEEE 802.11 b/g/n ■言語 日本語, 英語, 中国語 他 ■搭載ハード / インターフェース miniUSB,USB,miniHDMI,TFカードスロット ■付属品 USB/miniUSBケーブル,miniHDMI/HDMIケーブル,ACアダプター,miniUSB/USB変換アダプター ■サイズ / 重量 約30g

MK802-Android搭載 MiniPC RAM1GB版TV Box HD IPTV Player PC

電化製品

東芝は、液晶テレビREGZA」の新モデルとして、「REGZA Z7」シリーズ、「REGZA J7」シリーズ を発表。「REGZA Z7」シリーズの55V型「55Z7」、47V型「47Z7」、42V型「42Z7」の3機種を10 月下旬より、「REGZA J7」シリーズの65V型「65J7」、50V型「50J7」、40V型「40J7」、32V型 「32J7」の4機種を10月下旬より順次発売する。

いずれも、同社が新たに開始するレグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」に対応。クラウド上の番組情報を利用し、USB HDDに録画した番組から、関心のあるキーワードやインター ネット上で話題の用語や人物に関連したシーンを視聴することが可能だ。また、録画番組を場面ご とに区切った「シーンリスト」が提供され、見たい場面をすぐに楽しむことができる。

■「タイムシフトマシン」を搭載した「REGZA Z7」シリーズ

「タイムシフトマシン」機能を搭載した「REGZA Z」シリーズの最新モデル。タイムシフトマシン 専用の地上デジタルチューナーを6基搭載しており、同社純正タイムシフトマシン対応USB HDDを 接続することで、最大で6チャンネル、過去約40時間分の番組を一時保管することが可能だ。ま た、タイムシフトマシン専用チューナーとは別に地上デジタルチューナーを3基搭載しており、同 時に2番組を市販のUSB HDD(最大容量4TBまで対応)に録画することが可能な「地デジ見ながら W録」も利用できる。なお、バッファロー製の長時間録画HDD(HDX-LSU2/Vシリーズ)の容量2TB では、最大約720時間の長時間録画が可能だ。

また、録画番組の中からユーザーの好みに合う番組をすすめる「ざんまいプレイ」機能を搭載。視聴中の番組に関連する番組がサムネイルで表示されるほか、視聴履歴をもとにユーザーの嗜好に合 わせた番組や、いつも視聴している番組がリストで表示されることで、効率よく録画番組を楽しむ ことができる。

画質面では、映像エンジンにデュアル構成の「レグザエンジンCEVO Duo」を搭載。4種類の超解像 技術とカラーテクスチャー復元技術を組み合わせた「レゾリューションプラス7」により、元映像 に近い鮮明で色彩豊かな映像を再現できるという。

液晶パネルは、部屋の照明などの映り込みを抑え、高コントラストを実現する新パネル「アドバン スド・クリアパネル」を採用。パネルは倍速駆動となっており、エリア分割によるバックライト制 御(スキャン機能)を行う「アクティブスキャン240」も備えている。3D映像は、偏光フィルター方式の「シアターグラス3D」に対応する。

音質面では、新型のバスレフ型ボックス採用フルレンジスピーカーを搭載。振動板にマイカコー ティングを施し、20kHzまで伸びた高域再現性と、最低共振周波数を抑え込み、量感のある低域特 性を実現している。

デザイン面では、薄さやフレームの細さを際立たせたシンプルなミニマルデザインを採用。ガラス の質感をテーマとした上質なデザインとなっており、北欧のデザイナー、ヤコブ・イェンセンが監修を行っている。

このほか、無線LANも内蔵。ネットワーク機能は、「レグザリンク・シェア」や映像配信サービス に対応する。なお、「Z7」シリーズでは、「タイムシフトマシン」で一時保管した番組も配信可能 だ。

市場想定価格は、55V型「55Z7」が37万円前後、47V型「47Z7」が27万円前後、42V型「42Z7」が 18万円前後。

別売りのタイムシフトマシン対応USB HDDは、東芝製の2.5TBモデル「THD-250T1」(10月下旬発 売予定)、バッファロー製の2TBモデル「HDT-AV2.0TU3/V」、4TBモデル「HDT-AV4.0TU3/V」、 6TBモデル「HDT-AV6.0TU3/V」、アイ・オー・データ機器製のAVHD-ZRシリーズの4TB/1TB(タイムシフトマシン用/通常録画用)モデル、6TB/1TB(タイムシフトマシン用/通常録画用)モデルが 発売予定となっている。

■2番組同時録画に対応した「REGZA J7」シリーズ

レグザクラウドサービス「TimeOn(タイムオン)」に対応した新シリーズ。録画機能は、地上デジタルチューナーを3基搭載し、同時に2番組を市販のUSB HDD(最大容量4TBまで対応)に録画することが可能な「地デジ見ながらW録」を利用できる。「REGZA Z7」シリーズ同様、バッファロー 製の長時間録画HDD(HDX-LSU2/Vシリーズ)を使用した場合が、容量2TBモデルで最大約720時間 の長時間録画が行える。

画質面では、映像エンジンに「レグザエンジンCEVO」を採用。4種類の超解像技術とカラーテクス チャー復元技術を組み合わせた「レゾリューションプラス7」を利用できる。液晶パネルは、32V 型以外が120コマの倍速駆動パネル「倍速・モーションクリア」で、フルHD表示に対応。32V型は 「倍速・モーションクリア」非対応で、1366×768ドット表示対応となる。

音質面では、新型のバスレフ型ボックス採用フルレンジスピーカーを搭載。振動板にマイカコーティングを施し、20kHzまで伸びた高域再現性と、最低共振周波数を抑え込み、量感のある低域特性を実現している。

デザイン面では、薄さやフレームの細さを際立たせたシンプルなミニマルデザインを採用。アルミの質感をテーマとした上質なデザインに仕上がっている。

このほか、無線LANも内蔵。ネットワーク機能は、「レグザリンク・シェア」や映像配信サービス に対応する。

市場想定価格は、65V型「65J7」が37万円前後、50V型「50J7」が23万円前後、40V型「40J7」が11 万円前後、32V型「32J7」が75,000円前後。

ニュース

パナソニックは、モバイルノートパソコンLet'snote」シリーズ初の Ultrabook「Let'snote AX2」シリーズを発表。10月26日より順次発売する。

「Let'snote」シリーズで初となるUltrabook。ディスプレイには、静電マル チタッチスクリーンを備えた11.6型ワイドHD液晶(1366 x 768ドット)を 搭載している。液晶ディスプレイのヒンジ部分に独自開発の頑丈ヒンジを採用し、液晶ディスプレイの360度回転を実現。従来のようなノートPCスタイルだけでなく、ピュアタブレットのようなスタイルでも使用することができる。

本体は、薄さ18mm、重量約1.14kgの薄型・軽量・コンパクト設計を採用。 A4用紙より小さく、ビジネスバックに手軽に入れて使用できる。また、薄型・軽量なボディながら、薄さと頑丈設計を両立した新ボンネット構造天板や、マグネシウム合金とアルミプレス材を貼りあわせた新構造のトップケー スなどを採用し、耐久性にすぐれているのもポイント。独自の76cm落下試験(底面・動作時)100kgf加圧振動試験(非動作時)、30cm自由落下試 験(非動作時)、局部加圧試験(非動作時)、ヒンジ耐久試験、キーボード打鍵試験などをクリアしているという。

さらに、着脱式のバッテリーパック(4セル)と内蔵バッテリー(2セル、交換不可)の2つのバッテリーを搭載し、バッテリー交換ができるのも 「Let'snote AX2」シリーズの大きな特徴だ。内蔵バッテリーを生かし、本体の電源ONのままバッテリーパックの交換(ホットスワップ)も可能となっ ている。

このほか、キーボードには打ちやすいリーフ型キーボード(アイソレーションタイプ)を搭載。有線LANポート、HDMI出力、アナログRGBといった標準サイズのインターフェイスも備えている。

ラインアップは、Core i7モデルが「CF-AX2QERBR」「CF-AX2QEQBR」、 Core i5 vProモデルが「CF-AX2LEABR」「CF-AX2LEFBR」、Core i5モデルが 「CF-AX2QEBJR」「CF-AX2QEGJR」。「CF-AX2QERBR」には「小型ビュー アー CF-VMP01JS」が、「CF-AX2LEFBR」と「CF-AX2QEGJR」には 「Microsoft Office Home and Business 2010」が同梱される。

CPUは、Core i7モデルが「Core i7 3517U」、Core i5 vProモデルが「Core i5 3427U vPro」、Core i5モデルが「Core i5 3317U」。OSは、Core i7モデ ルとCore i5 vProモデルが64bit「Windows 8 Pro」、Core i5モデルが 64bit「Windows 8」を採用。バッテリー駆動時間は、Core i7モデルが約9時 間、Core i5 vProモデルとCore i5モデルが約9.5時間となる。なお、Core i7 モデルとCore i5 vProモデルには、バッテリーパックが標準で2つ同梱され る。また、TPMチップも搭載する。

そのほかの仕様はほぼ共通で、メインメモリーが4GB DDR3L、ストレージが128GB SSD。ワイヤレス通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n対応無線LAN、モバイルWiMAX、Bluetooth v4.0をサポート。USB 3.0ポート×2(うち1つは USB充電ポート)、SDメモリーカードスロット×1(SDHC/SDXC対応/著作権保護技術対応/UHS-I高速転送対応)も搭載する。本体サイズは288(幅) ×18~19(高さ)×194(奥行)mm、重量は約1.14kg。

ニュース

Googleが自社ブランドで手がける7型タブレット端末「Nexus7」が、日本のGooglePlayからも購入できるようになりました。販売が開始されている海外では、8GBモデルと16GBモデルの2モデルがラインアップされていましたが、日本国内では16GBモデルのみの発売で、価格は19,800円。
10月2日から全国家電量販店などでも取り扱いを開始します。

「Nexus7」は、Googleが自社ブランドで手がけた初のタブレットで、 端末の製造は台湾のASUSTeKが請け負っています。OSには、“Jelly Bean”の 開発コードで呼ばれていた最新のAndroid 4.1を搭載している。

ディスプレイにはバックライト付きの7型HD液晶(1280×800ドット)を装備。プロセッサーはクアッドコアの「Tegra 3」(1.3GHz、クアッドコア稼 動時最大1.2GHz)、メモリーは1GBを搭載している。本体は、薄型のフォルムを採用しており、簡単に持ち運ぶことが出来ます。バッテリーの容量は4325mAh、 HD動画再生で約9時間、Webブラウジングで約10時間の長時間バッテリー駆動です。

このほか、10本の指の操作でも同時に認識するマルチタッチにも対応。ジャイロスコープ、加速度センサー、GPS、電子コンパス、照度センサー、NFC、1.2メガWebカメラマイクなども搭載しています。

無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 3.0に対応。インターフェイスは、2-in-1オーディオジャック(ヘッドフォン/マイク入 力)、micro-USB×1、ドッキングピン×1などを備える。本体サイズは 120(幅)×198.5(高さ)×10.45(奥行)mmで、重量は340g。付属品 は、USB同期/充電用ケーブル、USB壁かけ式充電器など。

ニュース

リュックサックは大きすぎる。でも背負って手ぶらで歩きたい。
そんな貴方にお薦めのバッグ♪

バック 斜めがけ通販最安値情報

バッグ

| トラックバック式通販情報トップページ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。